クイック・リンク

条文集のメニューを表示する

法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。  法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
招待状購入したい方は右のボタンをクリック

昭和60年・民事訴訟法第2問


問題文

 Aは、Yから同人所有の土地を買い受けた後死亡し、Aの子X1、X2が相続したところ、右土地を占有し、かつ、所有権の登記を有しているYとの間で所有権の帰属について争いが生じた。なお、Aの相続人はX1、X2のみである。
 この場合、X1、X2、はYに対してどのような訴えを提起することができるか。


昭和60年・民事訴訟法第1問




問題文

 原告が当初から数個の請求を併合して提起した訴訟における審理及び判決について述べよ。

昭和59年・民事訴訟法第2問


問題文

 甲は、その建物を乙に賃貸しているが、自己使用の必要があるので、その建物の返還を求めようと考えている。
 乙は、その建物に妻子と居住し、更に一部屋を友人丙に間貸ししていたところ、丙と不仲になり、現在、丙に対する明渡請求訴訟が係属中である。
 右の場合に、甲は、どのような手続をとれば、その目的を達することができるか。

昭和59年・民事訴訟法第1問


問題文

 訴えの取り下げと請求の放棄との異同について説明せよ。

法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。  法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。 右をボタンをクリックすればすぐに、招待状を購入できます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。